一兵卒から


一兵卒から頑張ります!
            

つぶやき 海外

3673 views

シナ対策① PM2.5の脅威 マスクで防げるか?

更新日:

皆さんこんにちは。

みかん課長です。

実は先日、シナ行きの出張を命じられました・・・

みかん課長的には、行きたくない国 NO1・・・(涙)

 

 

この国だけは、

 

みかん課長
生涯行くことはない!

 

って思っていたのですが・・・

色々ありまして・・・

ご縁というか、何というか・・・

人生わかりませんね。

 

 

そんなこんなで只今、準備に追われています・・・

みかん課長の知ってる情報でまず頭に浮かぶのは、

 

pm2.5

PM2.5

 

拡大するとグロいですね・・・(汗)

日本でも飛んでいますが、原因となる国は、シナです。

その原因の国に行くわけですから、対策は十分取っていかなければなりません。

因みにPM2.5の概要は、

PM2.5は、大気中に浮遊している直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子です。

PMとは「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとったものです。

工場や自動車、船舶、航空機などから排出されたばい煙や粉じん、硫黄酸化物(SOx)などの大気汚染の原因となる粒子状の物質のことを言います。

粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くにまで入り込みやすく、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられます。

特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすいと考えられるので、注意が必要です。

結構ヤバメのこと書いていますよね・・・(怖)

日本で飛んでいるPM2.5より濃度が高いと思います。

 

みかん課長
マスクぐらいで大丈夫かな〜

 

って思いますが、マスク以外対策を取る方法は思い浮かびません。

みかん課長は、気管支が弱く、花粉症などのアレルギーがあります。

いろいろ調べていくと、その対策が出てきました。

一般的にDS2(日本・厚生労働省)かN95(米国・NIOSH)の規格に合格したマスクがPM2.5には有効。

世界的にはアメリカ基準のN95規格のマスクがPM2.5対策として効果があるとされています。

N95規格のマスクは0.1μm以上の微粒子を99%カットでき、PM2.5をほぼ遮断できるそうです。

実は、N99という規格もあります。

このN99は、N95の上を行くマスクなのですが、値段が非常に高いのでコストパフォーマンスで言えばちょっと・・・

ということで、N95規格で十分だと思います。

そして、探した商品がこちら。

色々あったのですが、どれも枚数が10枚単位でした。

この商品は3枚入りなので、1週間滞在であれば2セットで済みます。

 

pm2.5

 

しかし、シナの大気汚染に関しては、困ったものですよね〜

日本もかつて、高度経済成長期に公害問題が起きました。

経済発展が続けば、必ずこのような問題が起こります。

シナのような大陸で経済発展しているものだから、国を超えて大気汚染が進行中です。

まだ行ったことのないシナ大陸ですが、

 

みかん課長
どんな国なんだろう?

 

と言う期待があるのも事実ですが、不安の方が先行しています。

初めての国って、ワクワク感があるんですが、正直ありません・・・

かと言って、経済発展を続けているシナは、見逃せない国であることには違いありません。

日本で色々と報道されていることは、事実なのか、捏造なのか。

行ってみればわかると思います。

また、

 

中国崩壊

 

何ていうこともささやかれていますが、実際どうなのか?

行ってみればわかります。

みかん課長の価値観が、行くことによってどうなるか?

自分自身もわかりません。

 

今は只々、不安と、行きたくないオーラが出まくっているのは事実です・・・

(´Д`)ハァ…

まだまだ、対策することがありますので、今回はこの辺で・・・

 

ではでは

ドロンニンニン

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

 
 
みかん課長
記事が気に入ったらシェアしてね!

-つぶやき, 海外
-

 
 

Instagram始めました!

 

Copyright© みかん課長の脱サラ投資日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.