mikankatyou_top_pc_1250
 

一兵卒から


一兵卒から頑張ります!
            

つぶやき 海外

8392 views

paypayってどうなの?キャッスレス化が遅れている日本について考える

投稿日:

 

paypay

皆さんこんにちは。

みかん課長です。

最近話題のpaypay。

みかん課長はまだ導入していません・・・

なので使ったことがないのでレビューも書けないのですが、実際はどうなんでしょう。

キャッシュレス化が遅れている日本は、世界の中でどの様な立ち位置なんでしょう。

みかん課長なりに考えてみたいと思います。

 

 

キャッシュレス化って便利だと思います。

実際に財布を持って歩くことは、その分荷物が増えます。

また、小銭を払うときなどを考えれば、時間も短縮できるのでやはりキャッシュレス化は合理的だと思います。

 

このキャッシュレス化。上記のような理由で便利です。

しかし、日本では最近普及した感じがします。

しかも、ポイント還元やキャッシュバックを謳ったから普及したとも言えます。

実は世界的に見れば、日本のキャッシュレス化は遅れているんですよね。

中国でものを買うとき、殆どの場合wechat決済でした。

この様なQRコードが置いてあり、スマホをかざせば決済完了。

非常に便利で、時間も短縮。

メリットが多いですよね。

そして一番驚いたのが、中国で物乞いがお金をもらうのに、このwechatで貰っていたのには驚きました(笑)

ここまでかっ!って感じもしましたが、現実に中国では、このスマホさえあれば生活が出来るほどです。

 

そもそも中国でこのスマホ決済が普及した背景には、紙幣への信用がない。ってことが挙げられるんです。

紙幣への信用がないってことは、国に対しての信用もさることながら、紙幣自体の信用がないんです。

実際に、中国で100元札を出すと、必ず1回見直します。

場合によっては光にかざしたりすることもあります。

要するに、偽札が出回っていることが多いんです。

これは、アメリカに住んでいるときも同じでした。

アメリカでも100ドル札出したら、必ず光にかざしていました。

それだけ紙幣の信用がないんですよね。

日本で、1回1回1万円札を調べることって考えられませんよね。

逆に、日本は現物取引でないと信用がないくらいです。

それだけ、紙幣に対しての信用が大きいとも言えます。

故に、日本としての国自体の信用が大きんですよね。

 

もしあなたが、決済条件として以下の通過を貰う場合、どの通貨でもらいますか?

 

①日本円

②USドル

③ユーロ

④人民元

⑤bitcoin(仮想通貨)

 

さぁ、どれでしょうか?

みかん課長の主観で恐縮ですが、みかん課長は迷わず①です。

次に②ですかね。

後の通貨は嫌です。

①から⑤の通貨は結局、信用に直結するんですよね。

ただ、この先これらの信用は変わってくると思います。

通貨のパワーバランスも変わってくるので一概にこの通貨。ってことは言えないかもしれません。

ただ、日本に住んでいるのであれば「円」という通貨は使いやすいですよね。

話がずれましたが、スマホ決済が普及した背景には、紙幣の信用がないことから通貨に対しての信用にもつながっているようにも感じます。

日本でこのスマホ決済が普及していない背景は、上記で書いたように紙幣への依存度が大きい点が挙げられます。

また、みかん課長自体も紙幣への依存度が高いです。

それは、

 

輸入した際の送金について感じたことです。

今現在、みかん課長は中国での輸入に対して、海外送金を行っています。

この海外送金の際、以前では相対での海外送金を行っていたんです。

相対での海外送金とは、銀行窓口に行って書類を書いて送金することです。

これは銀行手数料が高いんです。

実際にUSドル決済であれば、海外送金手数料+為替手数料が合わさり、思わぬコストが出ていくんですよね。

ただ、第三者が確認して送金するのでミスが少ないし安心を買えます。

しかし、めんどくさいことがあったり時間がかかることもあり、また昨今のマネーロンダリング規制などで海外送金は非常に厳しくなっています。

入出金明細も開示しなければなりません・・・

なので、ネットバンクでの送金に変更しました。

ネットバンクでは、24時間365日送金可能で非常に便利なんですよね。

(平日の10時〜17時までは通常レート+1円〜1.5円、それ以外は夜間レートで最大で+3円の為替手数料)

ただ、自分で相手の銀行情報を自分で入力することと、間違ったら自分の責任になります。

まぁ、実際に口座番号が違っていたら口座番号相違で戻ってくるのですが、戻ってくるまで時間がかかってくるんです。

故にリスクもあったりします。

 

相対とネットでのやり取り、これら2つの決済方法で考えれば、メリット・デメリット色々あります。

みかん課長の場合、確実な決済の場合は相対でのやり取りのほうがストレスが無いです。

このように、実際のやり取りでの需要もあるんですよね。

 

 

みかん課長世代はスマホ世代なので、今後キャッシュレス化は凄まじい勢いで加速していくと思います。

また、団塊ジュニア世代なので人口も多い世代です。

そう考えれば、導入は遅かれ早かれしていくでしょう。

ただ、今現在でのトラブルが多いこともリスクとして挙げられます。

身に覚えのない明細が来たりとか・・・

それに対して、インフラ整備がどんどん加速もしていくと思います。

現物やり取りが普通の日本なので、今後の需要とインフラ整備が普及の鍵と思います。

また、メリットとしてポイントも二重取り出来ることもありますしね。

やはり日本は、ポイント還元や現金をぶら下げないと普及しないと思うんですよね〜

ってことは、そもそもこのキャッシュレス化に対して困っている人が少ない。ってことも言えると思うのですが・・・

今後の進捗を静観していきたいと思っています。

 

ではでは

ドロンニンニン

 
 
みかん課長
記事が気に入ったらシェアしてね!

-つぶやき, 海外

 
 

Instagram始めました!

 

Copyright© みかん課長の脱サラ投資日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.