mikankatyou_top_pc_1250

一兵卒から


一兵卒から頑張ります!
            

投資日記

2441 views

「時は金なり」について考えてみた

更新日:

 

皆さんこんにちは。

みかん課長です。

最近、めっきり寒くなりましたね。

朝布団から出るのが嫌になる・・・

季節は完全に冬に突入しています。

皆さんも風邪などに気をつけてくださいね。

 

 

「時は金なり」について考えてみました。

英語でいうと

Time is money

ですよね。

この意味は、

時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけないという戒め。

言い換えれば、

時間=お金

になります。

みかん課長のように、社畜サラリーマンであれば、勤務時間=給料になります。

そこでの仕事の成果による報酬ではなく、勤務時間に対して報酬が支払われます。

また管理職になれば、その責任に対しての報酬もありますね。

中には歩合制みたいな、成果による報酬もあるのかもしれません。

何れにせよ、時間=お金は成り立つことと言えます。

逆を言えば、サラリーマンは会社に出勤さえしていれば、お金がもらえると言っても良いかも。

まぁ、仕事しなければならないですが、コズルイ人はこの様な考えもあるでしょう。

 

時間は有限です。

人生80年と考えれば、みかん課長は既に折り返しに入っています。

また、現役でお金が稼げる時間は残りが限られています。

そう考えれば、この時間というのは、実はお金以上に大切なものになっています。

お金も大事です。

しかし、時間に関して言えば何でも出来ます。

ボーとしてることも出来ますし、忙しく何かをすることも出来ます。

また、お金を稼ぐ時間にも当てれますし、使う時間にも当てれます。

時間というのは有限ですが、使い方は無限大です。

24時間365日という時間は、人間に平等に与えられた最大の武器です。

その貴重な時間を活かすも殺すも自分次第です。

このブログを読んでくれている方は、不労所得やお金にまつわることに興味がある人と思います。

不労所得を得るために、日夜スキーム作りに取り組んでいる人もいるでしょう。

そのスキームが1つになり2つになりとどんどん増え続ける事によって、報酬も増えてい行きます。

何が言いたいかと言うと、

時間を使うには、スピードが大事!

ということです。

先に書きましたが、時間は有限です。

明日死ぬかもしれません。

今日することを明日に回してしまえば、明日この世にいないかもしれません。

何でも日延することは、それだけ損してる可能性があるということです。

しかし、偉そうに言ってるみかん課長も、苦い経験があります・・・

それは、

スピードが遅れたことによって、大金を逃した・・・

こんな経験があります。

ビジネスになれば相手があること。

その相手に依存していたお陰でスタートを切るのが遅れてしまい、ビジネスチャンスを逃したことがあります。

悔やんでも仕方のないことですが、事実大金は逃しました・・・

今の時代、情報は簡単に手に入ります。

スマホを叩けば、欲しい情報は手にはいりますよね。

また、昔みたいなスピードではないはずです。

故に、行動も早くなければその情報は意味のないものにもなります。

古い情報を元に行動したら、稼げないこともあるでしょう。

 

先行者利益とよく言いますが、これらを手にした人はスピードがあったために稼げた人たちです。

やがて、その稼げた情報は世に出回ります。

世に出回った事によって、市場参加者は増えていきます。

市場参加者が増えていくとどうなりますか?

個々の報酬は少なくなります。

その市場が成熟しきったらたら尚更、報酬はわずかでしょう。

 

ブームというのは既に終わった情報です。

世に出回った時点で、先行者は撤退を始めます。

よって、先行者たちは売り逃げ出来るわけです。

ブームに飛びついた人たちは、僅かな報酬を求めて血を血で争う戦いに参加しているということになります。

単価も安くなるでしょう。

ここで勝つのは資本力のあるものが残ります。

つまり強者(大企業)ですね。

みかん課長のような「弱者」は弱者の戦い方があります。

弱者の戦略は「ランチェスターの法則」でも有名ですよね。

あっ、ランチェスターの法則の日本の第一人者は竹田陽一氏です。

みかん課長も多少かじりましたが、弱者の法則は使えますね。

 

ただ言えることは、これらの法則のことを覚えても、スピードがなければ意味のないものになります。

 

スピード命!

って言いますが、お金を稼ぎたいならスピードが命です。

何も動かず、待っていてもお金は入ってきません。

ビジネススキームを思いついても、行動に移さなければ絵に描いた餅。

机上の空論になる前に、まずは行動に移し実践。

そこでリスクを計算して、リワードが大きければやってみる価値はあります。

失敗したとしても、行動が早いので大したリスクではないでしょう。

挽回できる時間は大いにあります。

 

そんなみかん課長も偉そうに言っていますが、自分への戒めのために書いています(笑)

 

ではでは

ドロンニンニン

 
 
みかん課長
記事が気に入ったらシェアしてね!

-投資日記

 
 

Instagram始めました!

 

Copyright© みかん課長の脱サラ投資日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.