mikankatyou_top_pc_1250

一兵卒から


一兵卒から頑張ります!
            

投資日記

10181 views

不労所得について考えてみた

投稿日:

 

皆さんこんにちは。

みかん課長です。

上半期も終わり、いよいよ下半期へと移ります。

毎年毎年思うことですが、1年ってあっという間に終わります。

投資の観点からしても、育っているもの、育ってないものあると思います。

この時期だからこそ、残りの時間も考えて、今日は不労所得について考えてみました。

 

 

不労所得って、文字とおり労働しなくて入ってくる所得のことを示します。

金のなる木を持っていれば、不労所得と言えるんですよね。

しかしこの不労所得、本当に労働しなくて入ってくるものなのでしょうか?

 

 

仮に、金のなる木を持っていたとしても、それを育てる手間や、維持管理等は誰かがしなければなりません。

実際には、これらを「労働」と解釈するのであれば、不労所得はありえないことになります。

仕込みや、そのスキームを構築していくことは、労働に値すると思うんですよね〜。

世間一般では、この不労所得を「悪」と考えている人もいます。

何もせずしてお金が入ってくることに違和感を感じている人です。

 

悪いことして儲けているのではないか?

 

みたいな眼差し。

しかし先にも書きましたが、不労所得は基本的にありえません。

何かしらのアクションをしているから、お金が入ってくるんです。

そのアクションを毎日していないから、不労所得と思われているんではないかと。

またそれが故に、不労所得のイメージが悪いのではないかと。。。

働かなければ、お金は稼げません。

身体を使うのか、頭をつかうのか、どちらにしても、何かのアクションを起こさなければお金は稼げないってことです。

みかん課長も既に、不労所得は持っています。

微々たるものですが・・・

ただ、放ったらかし。と言ってもそこには、細かいメンテナンスや仕込みがあります。

 

 

 

その仕込みが、時間を味方につけて育っていってるって感じがします。

野菜の種をまいても、1日では芽が出ないですよね。

仮に1日で芽が出る野菜は、美味しくないようにも感じます。

太陽の光を存分に浴びて、大地の栄養をいっぱい吸収してこそ、美味しい野菜ができるのではないでしょうか。

 

時間とお金

 

不労所得もまた同じく、時間を味方につけて、複利で運用していけば数年後には、美味しいモノになっている可能性が高いです。

短期の投資で利益が出たら、中長期で運用し、その果実を頬張る。

そんな感じで不労所得が得られれば最高です。

ポートフォリオのことでも書きましたが、卵の数より、かごの数を多くすることがリスクヘッジに繋がります。

みかん課長のポートフォリオは、まだまだ育っていませんが、微量ながら安定して利益を出してくれています。

 

 

南の島で、ハンモックに揺られながらメローな1日を過ごすのが、みかん課長のビジョンです。

今やってることが、3年後5年後の結果です。

3年後5年後の結果が悪ければ、3年前5年前に何もしていなかったことになります。

投資は、時間が見方になります。

複利で運用することによって、利子にまた利子がつくことになります。

不労所得を得たいのであれば、今からしっかりと仕込んでおきたいものです。

あの時に・・・

みたいなことにはなりたくないですよね。。。

 

ではでは

ドロンニンニン

 
 
みかん課長
記事が気に入ったらシェアしてね!

-投資日記

 
 

Instagram始めました!

 

Copyright© みかん課長の脱サラ投資日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.